南青山の家
2014
若い夫婦とお子様2人で暮らす住宅です。斜線、面積等の法規制をクリアし、この敷地の持つ最大限のボリュームを確保することがプロジェクトを進めるコンセプトにありました。斜線の厳しい北側の部分を半分地下にもぐらして階段で結び、スキップフロアーの空間にしてボリューム、天井高さの確保を解決しました。半層ずつ上がる階段によりそれぞれの部屋がつながり、視線の広がりを感じ取れるとともに子供たちの声も響き渡るキッズハウスになっています。
- 主要構造
- 敷地面積
- 延床面積
木造3階
50 m2
94 m2
View Image's